最近のニュース
2019年7月23日現在、

・イギリス次期首相にボリス・ジョンソン氏

・ボルトン大統領補佐官が訪日・訪韓

・竹島の領空にロシア軍機。韓国軍が威嚇射撃。日本政府が韓国とロシアに抗議。

考察しがいがありそうなニュースが盛りだくさんです。 

ですが、なかなか長尺の記事を書く時間的余裕がありません・・・(><)単なる株好きオヤジが趣味でやっている程度のブログですので、ご容赦ください。


どうしても、取り上げておきたいのが2019年7月21日に投開票された参議院選挙についてです。といっても、選挙結果については特にコメントはしません。気になったのは、「野党候補一本化」についてです。



野党共闘っていったい何のため?
選挙後、テレビでアナウンサーやコメンテーターがさかんに、「自民党一強に対峙するためには、野党候補を一本化しなければなりません」とか、「二大政党制のためには、野党がバラバラになっていては駄目です」とか、「野党一本化が機能したところは、自民党候補に勝つことができた」とか言って、野党共闘を美化もしくは推奨するような空気が醸成されていたと思います。

しかし、ちょっと待て。いったい野党共闘って何のためにするの?主義主張や組織が違う政党が、選挙だけ協力して、勝ってその後何をするの??様々な組織が相乗りした「民主党」が実際に政権を取って、自民党と二大政党になりかけた時期があったけど、今、その姿が崩壊しているのはどうしてなの???

そういった疑問が置き去りにされて、ただただ「野党一本化」を謳うメディアには強い違和感を感じます。


テメーら、選挙協力で野党一本化するとか言う前に、まず己の政策を磨けよ!そして、国民に夢と情熱を語れよ!!


そう正論を吐く解説者はどうしていないのでしょうか?仮に野合の末に選挙に勝ったとして、一体何ができるというのでしょうか?不思議でしょうがない。

野党が勝てないのは、候補が一本化できないからではない。夢も情熱も見えないから、期待感が持てないのです。

スポンサーリンク




スポンサー リンク