ロッキー シリーズのリブート作「クリード」。その続編です。この作品は「クリード」の続編でもあり、「ロッキー4炎の友情」の続編でもあります。2018年制作。


|クリード/炎の宿敵(クリード2)

ざっくりとあらすじ
かつてのボクシングのヘビー級世界チャンピオン、アポロ・クリードの隠し子、アドニス・クリードは、ロッキーの指導のもとついに世界チャンピオンとなる。そこに立ちはだかる最強の挑戦者は、かつて父アポロを殺したソ連のボクサー、イワン・ドラゴの息子ヴィクター・ドラゴだった。様々な因縁を持つ二人の対決やいかに!?



感想と考察
この作品を見るに当たって最も注目したのが、「クリード」がロッキーなしに成立する物語に成長するか否か、という点です。

特に、「ロッキー・シリーズ」をリブートした「クリード」がかなりの良作だったこと、そしてもう一つの因縁となる「ロッキー4/炎の友情」が名作であったことから、期待も大きかったのですが・・・

蓋をあけてみると、ガッカリな出来でした(私見)。


最大の問題点は、クリードに感情移入ができないところだと思います。劇中で、ロッキーがクリードに言います。「お前が闘う理由は何か」と。劇中では、それなりに答えを見つけたような演出になっていますが、個人的には「ないに等しい」と思います。


クリードはドラゴに煽られて、ロッキーの反対を押し切ってドラゴと対戦し、大敗してどん底に落ちます。その後ウジウジと自分と向き合うも、家族やロッキーとのふれあいの中で立ち直っていき、最後にはリベンジをするわけですが、結局、クリードの中に「魂」が感じられないのです。一体、何のために闘うのか、と。

ついでに言うと、1回目は対戦に反対してコーチもやめたロッキーが、2回目の対戦のときには進んでコーチを引き受けるにいたった動機も良く分からない。「俺がついていたらこんなことには・・・」と後悔するような台詞がありますが、ロッキーの中にも「魂」が感じられません。

以前の作品になりますが、ロッキー・ザ・ファイナルはすごくロッキーの「魂」を感じる作品でした。ああゆう分かりやすい「熱さ」が、ロッキーにもクリードにも欠落しているように思えるのです。


そういう意味では、今作ではまだ敵役のヴィクター・ドラゴの方に感情移入がしやすいです。ソ連の英雄だったはずの父は、その後没落の人生を歩み、地べたを這いずり回ってヴィクターを育てました。母にも捨てられ、母も憎んでいます。ヴィクターの動機は「いかにもロシア風な陰性のハングリー精神」で、明確です。

なので、いっそのことヴィクターをとても魅力的な敵役にすることもできたはずなのですが、そういう構成にもなっていません。

なにより、イワン・ドラゴよ。ロッキー4の大ファンとしては、「誰の為でもない、自分自身のために戦う!」と豪語したドラゴには、ある程度幸せになっていて欲しかったです。アポロを殺したのは、戦闘兵器として”作られた”ドラゴであって、あの台詞のあと自我に目覚め、自分自身の人生を追及しているものだと勝手に妄想していました。

しかし、ロッキーの敗北を引きずり、妻を憎み、社会を恨み、復讐のために生きてきたドラゴの姿にはがっかりです。その姿は自分自身のために戦う!というものとは相容れないものに思えます。

ロッキーとドラゴは、いろいろあったけど、同じ時代に戦った戦友という設定にした方が良かったんじゃないかな~。モンスターだったドラゴが自我に目覚めて陰性の後ろ向きキャラになってたというのは正直残念です。「作らない方が良かった続編」と言えるかもしれません。


総じて、良くも悪くもロッキー4がないと成立しない今作。その中で、クリードは強烈なアイデンティティを確立したとは言いがたく、クリード3が作られるとしてもそれはロッキーなしには成立しないものになるでしょう。

そういう意味で、ロッキー4とクリード1の期待を背負っての今作は、イマイチだったと言わざるを得ません。今後のクリードシリーズの成否を分けることになる作品のようにも思います。

スポンサーリンク


その他、残念だった点
1.話が長い
クリードの物語を掘り下げているのでしょうが、長い!全ては語るまい。

2.音楽が今風すぎる
それはそれでいいんですけどね。ロッキー4の後継物語であるならば、80年代ミュージックも入れて欲しかった。特に、アポロ・クリードと言えばLiving in America(ハッピーボーイですね 笑)。そして、トレーニングシーンにはEye of the tigerを混ぜこんで欲しかった!これは本当に残念

ロッキーの影を無くすというコンセプトがあるならまだしも、ロッキーのテーマはふんだんに使われていましたからね。

3.トレーニングシーン
ボクサーの虎の穴って何??チャンピオンがやってきたらみんなもっとリアクション取るのでは? 自分を変えるためには環境も大きく変えなければというのには同意。


と散々酷評しましたが、今どきのボクシングドラマとしてはまあ見れるレベルです。


キャスト
マイケル・B・ジョーダン(アドニス・クリード役)
クリードシリーズまで存じ上げない俳優さんでした。パート3があるなら熱き魂を見せて欲しい。

シルベスター・スタローン(ロッキー・バルボア役)
60歳を超えたころからのスタローンはキレキレでしたが、今作は全体としてイマイチかな。「老いたロッキー」役はうまくこなしておられます。

テッサ・トンプソン(ビアンカ役)
マイティー・ソーのヴァルキリー役でもあります。

ドルフ・ラングレン(イワン・ドラゴ役)
ロッキー4のドラゴ役のイメージが強烈すぎ。アクアマンにも出演されています。


総合評価

「ロッキー4とクリードの期待を背負って盛大に滑った感じ」
★★☆☆☆ 2点

疲れたサラリーマンはもっと熱い男のドラマが見たいはず!


過去に取り上げた映画一覧についてはサイトマップをご覧ください。
スポンサーリンク



スポンサー リンク