ポリスストーリー REBORN(2017年制作)を見て、ちょっと昔のジャッキー映画を見たくなったため、旧作レンタルしました。

ジャッキー・チェンの香港国際警察/NEW POLICE STORY(2004年公開)の感想と考察です。


|香港国際警察/NEW POLICE STORY


ざっくりとあらすじ
銀行強盗後にあえて警察に連絡させ、追ってきた警察を銃撃で返り討ちにする武装集団(当時流行りだしていたエクストリーム・スポーツ愛好家たち)を「3時間以内に捕える」と豪語して敵のアジトに乗り込んだジャッキー率いる警察チーム。しかし、武装集団の罠によって、ジャッキー以外皆殺しにされてしまう。その後、停職となり酒に溺れる日々を送っていたジャッキー。婚約者との婚約も解消に。そんなどん底のジャッキーだったが、「僕のヒーロー」と慕って近づいてくる若者”巡査1667"との触れ合いの中で、少しずつ立ち直り、武装集団逮捕へと向かっていく。


598dbbffccef80b878f9f1ed67b34de8_s


感想と考察(ネタバレ含みます)
アメリカに進出して成功を治め、香港に帰ってきた「円熟期のジャッキー」の集大成ともいえる作品です。当時50歳くらい。ジャッキー特有のベタベタの笑いもなく、シリアスな雰囲気で物語が進んでいきます。

この時点(2004年)で、ジャッキーは新たな方向性を模索していたのだと、今から見れば思える作品です。ジャッキーは「どん底に落ちたかつてのヒーロー」役であり、巡査1667ことシウホンの助けの中でヒーローたる姿を取り戻していきます。

しかし、これは・・・傑作では??この年齢のときにできるジャッキー映画」としては、最高のものだと思いました。その理由を順に述べます。



1.「師匠」が「弟子」に導かれ、輪が閉じる
巡査1667ことシウホンは子供のころにジャッキーに救われた過去を持ちますが、その真実は物語の最後に語られます。時は流れ、どん底に転落したジャッキーの元に、天使のごとく成人したシウホンが現れ、ジャッキーに立ち直るよう促します。しかも、シウホンは偽刑事です。親が泥棒だったので刑事になれなかったと。ジャッキーを見て刑事に憧れたシウホンは、「刑事としてジャッキーを助ける」という夢を叶えるわけです(偽刑事ですが)。

「過ぎたことは忘れて、つらい気持ちを生きる力に変えるんだ」

そういって、シウホンが倒れているジャッキーのポケットに財布を戻すとき、リセットボタンが押されたかのようなカタルシスがあります。


2.酔ったジャッキーが素晴らしい
さすが酔拳の使い手、酔って前後不覚におちいったジャッキーの姿が見れるのが素晴らしいです。

3.ピークを過ぎつつあるがまだまだキレのあるアクション
2017年のポリスストーリーを見た後だからなのか、すでに老成の域に入りつつある2004年時点でもアクションがキレキレに見えます。これこれ、こういうのが見たかった!

元海兵隊員とのタイマン勝負がとても良いです。「素手で勝負しよう」。敵役がゲーム好きという設定があるからこそ、自然な流れてタイマン勝負となります。しかも、エピソード初期の1回目はボコられ、2回目は勝利するも時間オーバーだと言われて仲間を殺され、という流れを経てのレゴランドでの3回戦。ガチンコバトルで勝利します。その後、倒れた元海兵隊員がジャッキーの背中を撃とうとするのですが、撃つのをやめます。「怪我をしているから助けてやってくれ!」 そう訴えているジャッキーの姿は、まさに取り戻したヒーロー像です。

4.敵の武装集団が素晴らしい
敵役にどれだけ深みを持たせることができるかということが、アクション映画の中の駄作と名作を隔てる壁だと思います。単なる世の中なめくさったゆとり世代と思わせていた敵役の、過去のエピソードと犯行の動機が説得力を持って掘り下げられます

敵のリーダーのジョー・クアンは、警視総監の息子ですが、親に虐待された過去を持ち、警察を憎んでいます。(母親は逆に甘やかし放題というのも説得力を持たせるのに一役買っている) 最後、父親の前で射殺される姿は、敵ながらに親子の葛藤を思ってジワってしまうシーンです。

5.三菱の車!
ジャッキー映画といえば、三菱の車!この作品でも採用されています。ジャッキー映画で三菱の車を見なくなったのはいつからだろう?

6.ヒロイン(ホーイー)が若いころの井森美幸に見える!
2000年代初期へのノスタルジー(笑)


古典的な「ヒーローとしてのジャッキー」を過去の姿として哀愁を持たせながら、年の離れた奇妙な友情によってヒーロー像を取り戻していく。そして、敵役はIT時代がはじまった世相を反映して、オンラインゲームに興じる武装集団という時代性も取り込んだ、名作だと思いました。

エクストリームスポーツを取り入れたのは、ヴィン・ディーゼルのトリプルX(2002年)の影響かな?


キャスト
ジャッキー・チェン(チャン警部)
ポリスストーリーREBORNのレビューで書きましたが、ライジングドラゴン(2012年)以降は全然見なくなってしまいました。しかし、これは名作。

ニコラス・ツェー(巡査1667/シウホン)
この映画のMVP。劇中、出てきたときから圧倒的存在感。ジャッキーの影に、陽を照らすような役回りを見事に演じています。いい役者さんですね。ファンになってしまいそうです(笑)

ダニエル・ウー(ジョー・クアン)
この映画当時まだ若かったはずですが、敵役としてとても存在感を放っています。仮面をつけた姿が、どうしても若いころのTOKIO松岡に見えてしまう(笑)。以前レビューした、トゥームレイダー・ファーストミッションにも出演されていたようです(あの船乗りか!)。その他、ライジングドラゴンやウォークラフトにも出演あり。

チャーリー・ヤン(ホーイー)
どう見ても井森美幸(笑)。


総合評価
「ジャッキー映画の五指に入る」
★★★★★ 5点

疲れたサラリーマンも見るときっと元気がでる。

スポンサーリンク
スポンサー リンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット