アジア 映画

ジャッキー・チェンの酔拳2の感想と考察:飲むのか?飲まないのか?

投稿日:

 

ジャッキー・チェンのポリスストーリー・リボーン(2017年)を見てから、ちょっと昔のジャッキー映画が観てみたくなりました(笑)2004年公開の香港国際警察/NEW POLICE STORYに引き続いて、酔拳2(1994年)の感想と考察です。

関連
香港国際警察/NEW POLICE STORY(2004年)の感想と考察

ポリスストーリー REBORN(2017年制作)を見て、ちょっと昔のジャッキー映 ...

続きを見る

酔拳2(1994年)

ざっくりとあらすじ

時は欧米列強の進出さかんな清朝末期、イギリスが領事館を通じて中国の国宝を持ち出そうとする事件に、酔拳を極めた青年フェイフォン(ジャッキー)が巻き込まれていく。。。

感想と考察(重大なネタバレも含む)

昔に観たときはもっと面白いと思った印象があるのですが、今観なおすとずいぶん印象が違うものです。この作品は、いろいろな意味で今の世界には受け入れられないかなぁ~

アメリカ進出直前のジャッキー映画の一つの総決算とも言える純カンフー映画です。清朝末期の時代考証もある程度合っているのでしょう、カンフー映画としては完成度が高いです。

2017年→2004年→1994年と時代を遡ってジャッキー映画を観ているので、だんだんジャッキーのアクションがキレキレになっていきます(笑)。謎の老師との対決、仲間だけどちょっとライバル感のある若者との対決、そして強敵との対決。ジャッキーならではのアイデアを生かした、ある部分では命がけのアクションが健在です。

ですけど・・・何がいかんのでしょう?

 

まず第一に、伝統的な中国の父権主義的な家族像が描かれています。父は真面目で心優しい人物ですが、儒教的精神に基づき妻や子供に暴力を働くこともあります。これは、今の時代では受け入れられないでしょうね。時代考証には合っているのでしょうが、ちょっと違和感を感じました。初見時は何も思わなかったのに今違和感を感じるのは、時代が変わったせいか、私が歳をとったのか。。。

 

第二に、イギリスが悪として描かれます。ラスボスはイギリス人ではなく、イギリスの手下として働く中国人ですが・・・。こりゃ、欧米では受けないでしょうね。ただ時代考証にあった設定は、映画作品としては評価するべきだとは思います。(そして、今の香港の現実をみるといろいろと複雑な思いもあります)

 

そして第三に、母(リン)が仏様に拝んでいるという点。これも時代考証には合っているのでしょうが、現在の中国では仏教が禁じられているので、なかなか興味深くもなんとなく違和感を感じます。

 

そして最後に、酔拳が禁じられているという点。全然酔拳マスターとちゃうやん!そして、実はこの酔拳2では日本版では見られない真のエンディングがあります。興味がある方は「酔拳2 真のエンディング」でググってみてください。

 

 

(以下、重大なネタバレです)
ざっくりと言うと、工業用アルコールを飲んだジャッキーが盲目になって頭もおかしくなってしまうというエンディングです。工業用アルコールなんて飲んで大丈夫なのか!?という劇中の疑問に答える恐るべきオチです。

これは、お酒を飲んではいけません!というメッセージなのでしょうね。ここに、本作の重大な矛盾があるように思います。酔拳が主題でありながら、禁酒キャンペーンのような側面もあるのです。

たぶん、改めて観なおしたときに引っかかったのは、このあたりなんだろうと思いました。

 

良かった点

・アクションには全く文句はありません。素晴らしいです。特に老師(フク・マンケイ)とのコンビネーションで棒術を披露するところとか。フク・マンケイ役の俳優さんラウ・カーリョンは本作の監督でもあり、「少林寺三十六房」の監督などもされているんですね。当時にも実際の武術指導者の重鎮。

・カーチャン(リン)が凄くいい!
ジャッキーの実際の年齢よりも年下の女優さんが母親役を演じているのかと思ったら、一応父の後妻という設定でした。

けれども、神嫁・肝っ玉母ちゃんを地でいく素晴らしい役回りでしたね。「思う存分暴れてきなさい!」

残念ながら、女優さんは2003年にお亡くなりになられているようです。

 

総合評価

「飲むのか?飲まないのか?はっきりしなかった点が残念」
★★★☆☆   3点

本格派カンフー映画としては見るものはあり

スポンサーリンク

-アジア, 映画

Copyright© 世界のニュースを映画批評風に考察してみるブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.